機能性ディスペプシア の治し方について

<機能性ディスペプシア 治し方>

機能性ディスペプシアとは?

機能性ディスペプシアFD:Function Dyspepsiaの症状は




機能性ディスペプシアの症状は胃が痛くてむかつきや

胸やけ、吐き気や腹痛といった症状です。
それから食欲不振や少し食べてもお腹が膨らむという

症状もみられています。

このような状態だと

通常は内科や胃腸科に行きますが病院で検査しても

胃の内膜がただれているとか炎症やポリープ、癌など
特に何も異変が見つからないのです。

そこで心療内科に通う→薬を処方される→副作用がある

→胃腸の機能を活性化させる治療がお勧め

機能性ディスペプシアの治し方

 具体的には何をすればいいのか?

食事のしかたについて

 

1 まず、食事は時間を決めて摂取すると良いです。

それは規則正しい食生活が自律神経が整いやすいからです。

個人差があるでしょうが、脂っこいものを食べるのをなるべく控える。

特に脂っこいものに弱い方は控えた方が良いです。

2 早食いはやめてなるべくゆっくり食べること。そして

よく噛んでください。

3 一度に食べるとお腹が苦しいというお方は1日に
3度の食事を4回や5回にして小分けした方が良いでしょう。



  ストレス解消するために

1 自律神経を正常に整えることが大切なので、

ゆっくり休む 睡眠時間とること

2 熟睡できる寝具やマクラを使うのも

良い睡眠を得られて効果的です。

3 無理をしないこと、無理しすぎて支障が出ると

周りにも迷惑をかけてしまいますので、こういうときは

無理をせずにご自愛ください。

4 ゆっくりとくつろぐこともお腹の調子を都と燃える効果が

ありますので実践してみてください。

あなたのお好みの入浴剤を使うのもも効果的です。

 

5  横になって気分が落ち着く音楽を聴くのも身体を

ストレスを解消して気分も楽になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です