2016年台風18号は10月4日夜に沖縄から九州北部を通過する可能性が高い!米軍予想

気象庁10月3日 台風18号

目次

今夜沖縄上陸

沖縄は那覇空港を発着する250便が欠航になり、本島の

公立の小中学校・高校は全部休校になった。沖縄は午後15時現在

久米島の南160kmの海上にあり勢力をさらに発達させて915hpa

最大風速55m/sと猛烈な風に気象庁はさらなる厳重な警戒を求めている。

hinann


今後台風18号は4日に九州鹿児島に上陸するとみられていたが、進路が北寄りに変わり福岡県、島根県に上陸する可能性もあり、気象庁は暴風や高波、大雨に警戒を呼び掛けている。

18号は4日夜に九州の西の海上に進んだ後、進路を東寄りに変え、九州など西日本に接近、上陸する恐れがある。6日未明にかけて東日本も荒天が予想され、注意が必要。

1618-00sinro

 

台風18号は10月4日夜に九州上陸する可能性大

 


アメリカのWeather Underground社の
予測データによりますと、
台風18号は10月4日に九州上陸する可能性が高いです。

台風18号は次第に勢力を上げながら北上しております。

Weather Underground社の予想進路を確認すると、

10月4日火曜日の夜には九州の福岡県に上陸

する見込みが高くなってきました。

このように九州、西日本と関東方向へと台風18号は日本列島を

縦断して各地に多大な被害をもたらす模様です。

厳重な警戒が必要です。

wp201621




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です