赤ちゃんやお年寄りのいる寝室におすすめでお手入れ簡単な人気の加湿器とは?

赤ちゃんやお年寄りのいる寝室にも使える加湿器は?

 

暖房の季節になると、湿度が心配ですね。寝室用に加湿器を購入するときの
基準は何でしょう。特に赤ちゃんやお年寄りの方がいる寝室などでは

どんな加湿器がおすすめか説明していきますね。

どのような加湿器が赤ちゃんやお年寄りに向いているか?

できるだけ検討させていただきました。

1 やけどの心配なしの加湿器

 

万一加湿器に赤ちゃんが触ったり、誤ってぶつかって転倒して熱湯が

流れ出したら大変です。小さなお子さんがいるご家庭では

万一加湿器を倒してもやけどしない
  安全なものを選びたいですね。スチーム型が体には良さそうですが

万一倒して熱湯が流れ出したら、大やけどをしてしまいます。

このため、スチーム型加湿器の設置場所に注意が必要です。

 

 

 

 

2 清潔で雑菌が繁殖しにくい構造

  タンクやフィルタについたカビや雑菌が部屋中に
  拡散しないタイプを選びたいですね。

3 静かであること 

  加湿器の音が大きくてぐっすりと休めないではいけないので

  運転音は小さいものを選んだほうがよいでしょう。

 

 

加湿器の種類について

加湿器を選択する前にどのような種類があるのかを知っておくべきかと思います。

 

加湿器にはいくつか種類がありますが、ひとつずつ説明していきますと

 

以下のようになります。

 

スチーム式の加湿器の特徴

水を沸かした蒸気を出しているので、加湿能力は他の加湿器よりも

性能は抜群ですが、電気代がかかります。内部は加熱消毒されるので

カビが生えたり、雑菌が繁殖して汚れることはないです。

お手入れも簡単です。

吹き出し口が熱くなるため知らずに触れると火傷をするのが

心配です。また、熱い蒸気で部屋の温度が少しは上昇するのも暖房コストを抑えます。

 

手の届かないところへ設置すれば免疫力の弱い乳幼児やお年寄りには

スチーム型が体には一番優しいのです。ただ、置き場所がないのなら

気化式加湿器を選んだほうが良いでしょう。

スチーム型加湿器のメリット

加湿能力が高く、衛生的で、乳幼児やお年寄り向き

免疫力が低下している方には体に優しい温かい蒸気の加湿が

おすすめです。

スチーム型加湿器のデメリット

蒸気が熱くやけどの心配があり、吹き出し部には触らないように

見ててあげる必要があります。

水を沸かしてお湯にするので加湿器の中でも一番ランニングコストが

かかり、電気代が高くなります。

 

 

気化式の加湿器

気化式加湿器はスチーム型加湿器と比べて電気を使いません

だからとても省エネで消費電力もごく僅かです。

また、加熱しないのでやけどの心配がありません。

では、気化式加湿器のメリットとデメリットを下記に

示しますと

気化式加湿器のメリット

気化式加湿器のメリットは低コストで音も静かです。

加熱していないのでもし、手で触ってもやけどはしません。

僅かなエネルギーでより多くの水分を加湿ができて効率が

非常に高いことです。

気化式加湿器のデメリット

デメリットは湿度を上げるのに時間がかかる。

部屋の温度が下がる部屋の温度よりも2℃低い。

お手入れが大変で手間がかかる

加湿されるのに蒸気が冷たいから空気に溶け込むのに

時間がかかるのです。やかんでお湯を沸かしたときと

タオルを水で濡らして風を当てるイメージですね。

自然に気化してどれほどの水分が空気中に溶け込むのかと

考えればすぐにこの差が大きいと気が付きますね。

2時間位かかって50%になりますがそこからが上がりにくいのです。

カビや雑菌が繁殖しやすく、カルキ除去やクエン酸洗浄など

お手入れが大変手間がかかってしまうのです。

ハイブリッド式の加湿器

基本の原理は気化式加湿器の構造を使用しています。

気化した風を再度温めてから部屋に水分をただの気化式と比べて

遥かにスピードを上げた構造を持っています。別名は「温風加湿器」と

言われています。気化式+加温=温風加湿 という仕組みですね。

ハイブリッド式加湿器のメリット

気化式と比べて加湿時間が早くなったが低コスト

温かい水蒸気が出るんですがやけどはしません

運転音が静かでMAXで30dbくらい

 

ハイブリッド式加湿器のデメリット

本体の価格がヒーターの分高額になる

お手入れに手間がかかる。気化式と同じ

 

 

 

 

超音波式の加湿器

超音波式加湿器は値段が安いのですが

蒸気ではなくて霧吹きで加湿しているイメージです。

最近ではアロマと一緒に加湿できるので女性に親しまれています。

超音波式加湿器のメリット

価格が安いこと

部屋にマッチしたデザイン

電気代安い

アロマとのセットで使用可能(女性に人気)

 

超音波式の加湿器のデメリット

お手入れが一番手間がかかり、除菌や掃除を怠ると

加湿器病のリスクがある。

水分中のウイルスや雑菌をばらまいてしまう可能性あり

 

シャープ 加湿空気清浄機

 

 

 

 

 

お手入れが簡単で寝室でもおすすめで人気の加湿器を決めた!

今まで4つの加湿器について紹介しながらきましたが

1 スチーム式加湿器

2 気化式加湿器

3 ハイブリッド式加湿器

4 超音波式加湿器

について説明してきましたが、

 一番簡単にお手入れができてお年寄りの寝室や小さな子供の部屋にでも

 最適な加湿器を選びました。

 

 まず、手が触れてもやけどしない加湿器を上げると

 1番のスチーム型が消えますね。

 それから、超音波式加湿器は一番お手入れが大変なので

 4番が消えていきます。

  あとは気化式加湿器かハイブリッド式加湿器を選ぶかですが

  気化式は使っても規定の湿度50%になるのに2時間もかかるので

  スチーム式と気化式の両方のメリットを持っているハイブリッド式の

  加湿器が今回のお手入れが簡単で寝室でもおすすめの加湿器に

 決まりました。

  ハイブリッド式加湿器に決まりました。

 

 

 

 

 

まとめ

 スチーム型加湿器、気化式加湿器、ハイブリッド式加湿器、超音波式加湿器

  と4つの加湿器についてメリットとデメリットを調べてみましたが

  選ぶ基準が各家庭のニーズに合わせたものを選定すればよいわけです。

  性能重視で加湿器を選べるとしたら

 子供が触ってやけどをすることを気にしなくても良いのなら、

 電気代は気にしなくても良いのなら、一番使いたい加湿器はスチーム式加湿器

 になるだろう。免疫力が低下してたり、気管支が弱い場合など、

  体に優しくて加湿するスピードも早く、お手入れも簡単だからだ

  お年寄りや気管支の弱い人がいる寝室ならスチーム式加湿器がベストである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です